会社概要_自然.jpg
支援を必要としている方への住宅提供が
可能なオーナー様を募集しております

オーナー様は空室対策として、入居者の間口を広げることができ

​入居者様は住居が確保できることで必要な支援を受けられるようになります

支援を必要とする人はどんな人か・・・

​支援を必要としている方とは、具体的には次のような方たちが挙げられます。

・保証人、緊急連絡先がいない、携帯を持っていないなどの理由により保証会社の審査が通らない方

・離婚、同棲解消などにより住むところがなくなった方

・新型コロナウイルスの影響により仕事がなくなってしまった方

​もちろん、上記に挙げた例以外にも様々な理由で支援を必要としている方たちがいますが、そのことが問題でトラブルやリスクに直結することばかりでは御座いません。

当社が管理している物件のご入居者様は、入居前に面談をしてその方の人柄を重視し入居いただいております。面談時や、入居後には定期的に訪問しコミュニケーションをとり、問題が起こる前に事前にご連絡をいただけるような関係性を構築しております。

どんなメリットがあるか・・・

​札幌の物件は特に供給割合が多く、築年数が経った物件ではどうしても空室率が目立つ傾向にあります。

ですが、上記に挙げた例により、住居が見つからず居場所がない方もとても多くいらっしゃいます。

空室対策としてサブリース契約を結んでいるオーナー様もいますが、サブリースが成り立つと言うことは

付加価値を付けることで「貸している家賃」より「高く貸すこと」ができる物件であることは間違いないと言うことです。​札幌の現状で言うと、入居者の間口を広げることが一番の空室対策であると言えます。​

依頼があれば、当社で物件を借り上げることも可能ですが、基本的にはオーナー様と入居者様の直接契約を​おすすめしております。

当社は管理会社・居住支援者としての立場で、オーナー様と入居者様の間に入り、入居後のトラブルやリスクケアを行います。​​

皆様にご協力いただいていること・・・

​当社にご依頼いただくオーナー様に、ご協力いただいていることが幾つか御座います。

◆ケースバイケースですが、保証人・保証会社を不要でのご契約を承諾いただくこと

◆インターネット無料の設備を整えていただくこと

​◆建物全体の管理の延長として支援を行っているので、管理を当社に変更いただくこと

保証人、保証会社を不要でご契約を可能にすることで、入居者様の間口が格段と広がります。

​その代わりに誰でも入居が出来ると言うわけではなく、事前に入居者様と当社の担当者が面談させていただきその情報の元、オーナー様と一緒に判断いたします。

​入居者様より、「インターネット無料の設備を入れてほしい」との声を、とても多くいただきます。また、入居者様と当社のスタッフで、ネットが繋がっていれば連絡のやり取りができる様にしております。

万が一の時に連絡が繋がらない事態を防ぐためにも、インターネット無料の設備を導入いただいています。

今までの管理会社に不満がある方も多く、当社の管理物件だからこそご入居されたいお客様も一定層いるため、当社に管理を変更することによって、満足度の向上に繋がっております。

オーナー様募集中

当社では社会貢献活動のひとつとして​住宅確保要配慮者に提供できる「保証人・保証会社不要でも入居可能」「家具家電付きですぐに入居可能」な自社管理物件を集めております。

オーナー様にも当社の活動、メリット​・デメリットをしっかりご理解いただき、末永くお付き合いしたいと考えておりますので、ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。